読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【個別面談】「データベースを活用したマーケティングカンパニー」(㈱アイスタイル)

アイスタイルは、口コミサイト「@cosme」を運営している女性向けマーケティング会社(東証一部上場)です。

 

外資コンサルを経て起業した「プロ経営者」が率いる組織で、戦略的な事業展開が特徴です。

 

f:id:barikatsu:20161005180529j:plain

 

「戦略志向の強い組織で働きたい」

ビッグデータを活用したマーケティングに興味あり」

「自分が特に左脳型の男だと思う」

という人にオススメ。 

 

 

○なぜ、「左脳型の男性」にアイスタイルがオススメか?

 

男性にとっては、「@cosme」はまず見ないので馴染みがないかもしれませんが、月間1300万人(!)が使っているサイトで、20代~30代女性の3人に2人が毎月利用しているサイトです。

 

イメージで言えば、「食べログ」「クックパッド」と並ぶレベルのWEBサービスです。

 

f:id:barikatsu:20161006162107j:plain

 

これだけ巨大なサービスを運営し、1000万件以上の口コミを保有しているアイスタイルの本質は、「女性向けのビッグデータを持ったマーケティングカンパニー」と言えます。

 

たとえば、大手化粧品が新商品を出す時に、ターゲットについて膨大な「データベース」をもとに「分析」を行い、マーケティングプランを提案していくのが、アイスタイルの役割。

 

非常にロジカルな仕事であり、左脳型の男性に向いています。

 

さらに、対象の商材(化粧品や美容商品)に対して、自分がユーザーではないため、先入観を持ったり感情移入してしまうこともなく、「冷静に対象を分析」してプランニングができる点も男性が向いている理由として挙げられます。

 

 

 

○そもそもなぜアイスタイルは化粧品領域で創業したのか?

f:id:barikatsu:20161005180907j:plain

 

外資コンサルのアクセンチュアを経て起業した吉松さんが化粧品という市場を選んだ理由は、化粧品に興味があったからではもちろんありません。

 

大きな理由は、「市場の大きさ」です。

 

東洋経済の取材で、吉松さんは次のように話しています。

====================

――なぜ化粧品というカテゴリーに着目したのでしょうか?

化粧品業界が、最も売上高に占める広告宣伝費の割合が大きいからです。ネットを使って変えられる一番大きなものは、コミュニケーション。「ユーザー、企業の双方にとってコミュニケーションにかかるコストが最も高い業界はどこだろう?」と調べたときに、化粧品業界ということがわかりました。 (引用終わり)

 ====================

 

非常に合理的な考え方で、「参入マーケット」を選定したことが分かります。

 

 

f:id:barikatsu:20170105150956p:plain

 

アイスタイルを選ぶということは、P&Gや電通に入るのとはまた切り口の異なった「プロのマーケッター」になるキャリアを選択することです。

 

戦略的な事業展開を行う企業で、「プロのマーケッター」として腕を磨いて、グローバルなサービス創りに参画したい人は、ぜひ話を聞いてみてください!

 

※本個別面談は、面談担当が推薦した学生のみ参加可能です。